ナノインパクトグランクリュの効果

ナノインパクトグランクリュの効果

 

カプセル自体の大きさは変わらないのですが、配合されている特殊なカプセルの数は1.5倍になりました。

 

数が多いという事は、狙っているキーポイント(毛根)に届く数も増えるという事になると思うので、

 

必然的に毛根に十分に栄養をあたえられる様になる=薄毛が改善されやすくなるという事になるんですかね。

 

ついでに、気になって他の育毛剤でも特殊なカプセルの中に育毛剤を配合する事はあるのかなと調べてみましたが、このナノインパクトシリーズと、サントリーから販売されているナノアクションDという育毛剤だけが特殊なカプセル配合の育毛剤でした。

 

ただ、ナノアクションDは、カプセルの大きさが160nmとナノインパクトグランクリュよりも少し大きく、カプセルの配合数も60兆個と思うと、ナノインパクトグランクリュに軍配が。

 

これらより、日本で直近で販売されている育毛剤の中でも最も浸透力の高い育毛剤はナノインパクトグランクリュなのではと思いました。

 

人気の育毛成分が3つとも配合されている

 

ただひとつの育毛剤で成分名を表記しているページより前に配置され、わざわざ別立てで紹介されている3つの成分が、ピディオキシジル、キャピキシル、プロキャピルです。

 

・ピディオキシジル(別名:ミノキシジル誘導体)

 

(主な配合育毛剤:フィンジアhttp://finjia.jp/gl1/)
ボストンスカルプエッセンスhttps://g-prj.com/product/224)

 

ミノキシジルと化学記号が全く同じである事から、ミノキシジル誘導体と言われている育毛成分。

 

人工的に作られたこの成分は、ミノキシジルの血行促進作用による育毛効果は変わらずミノキシジルの短所である副作用の可能性を限りなく軽減させた事で注目されている。

 

・キャピキシル

 

(主な配合育毛剤:ボストンスカルプエッセンスhttps://g-prj.com/product/224/
Deeper立体http://www.mongoryu.com/deeper/3d-top.html)

 

頭皮環境を整えるイソフラボンを含む「アカツメクサ花エキス」と4種類のアミノ酸を配合した「アセチルテトラペプチド-3」を配合させた育毛成分。

 

アカツメクサ花エキスがAGAの原因となる5αリダクターゼの活動抑制をすると共に、4種類のアミノ酸を配合したアセチルテトラペプチド-3が、毛包の細胞分裂活発化に貢献するため、1つの成分で脱毛抑制と育毛促進を期待できる事で注目されている。

 

・プロキャピル

 

(主な配合育毛剤:育毛剤アーデルhttp://www.adele.co.jp/)
「オレアノール酸」と「ビオチノイルトリペプチド-1」と「アピゲニン」を配合させた育毛成分。

 

「オレアノール酸」はAGAの原因となる5αリダクターゼの活動抑制効果を、「ビオチノイルトリペプチド-1」は毛包の細胞分裂活発化を、「アピゲニン」は抗炎症作用があり頭皮環境を整える効果があり、1つの成分で脱毛抑制と育毛促進しかも、頭皮環境を整える効果を期待できる事で注目されている。

 

上述配合育毛剤をみればわかると思いますが、各々の成分を種類配合している育毛剤はありますが、キャピキシル・ピディオキシジル・プロキャピルを3種類とも配合しているのは2016年8月段階でナノインパクトグランクリュだけでした。

 

浸透力と育毛成分という2つの特徴をあげてみましたが、本当のナノインパクトグランクリュのポイントは、それら強力な育毛成分をナノカプセルに詰め込んで、毛根まで届けるという事が、ナノインパクトグランクリュの最大の特徴なのではと感じました。

 

 

page top